らいふホーム

0120-329-622
0120-329-622
  • お問い合わせ
  • お友達追加

Blog

【ブログ】親に「負の財産」がある場合は、相続放棄を視野に入れる①

 

◎相続するか、しないかを判断

親が土地・建物と同時に、借金を抱えたまま「負の財産」を遺して亡くなるケースもあります。

この場合、そのまま相続すると、

相続した人は「負の財産」も引き継ぐことになります。

たとえばマンション住まいで、管理費などの滞納があると相続人に支払義務が生じます。

また、株などで数千万円の借金があると、普通に相続(「単純承認」)をすると、

親の家だけでなく、数千万円の借金もついてきます。

そんなときは、相続を放棄するのも選択肢となります。

それが「相続放棄」と呼ばれる方法です。